不動産物件に、より価値をつけるために最低限知っておきたいこと

 

 

 

●こんな時にご依頼がありました
・狭小物件をなんとか広く見せたい。
・なんとなく暗い、日照条件の悪い物件を明るく見せたい。
・安っぽい物件をお金を掛けずに高級物件仕様に見せたい。
・空室対策として内装・外装のテコ入れをしたい。
・大規模病院のエントランスを今までのイメージと大きく変えずに見栄えよくしたい。
・クラブ(飲食)を開店する際、店舗を洗練された上品なイメージにしたい。
・親の代から引き継いだ古い寿司店をイメージを一新して改装したい。
・景観条例 施行地域だが、ガイドライン通りにすると地味な物件になってしまう。アドバイスが欲しい。
・不動産の商品開発のための色彩計画(注文建築など)に協力してほしい。

 

 

●伝えたい事

建物の色は物件の価値を左右する要因の一つです。
しかし建物のカラーコーディネート術は、一般的なものとは異なる特有のクセをもっています。
講師自身、不動産業界で建物のカラーコーディネートの現場経験があることから机上の空論ではない、現場で使えるカラーコーディネート術を伝授させていただきます。

 

 

●なぜ私がこの講演・コンサルティングをするのか?

建物のカラーコーディネートは経験がないと失敗をします。
なぜなら面積が広いため、色の見え方が通常とかなり違ってみえるためです。

また各部屋の目的に適したカラーコーディネート、

各事業内容に適したカラーコーディネートというものがありますし、

また一方で施主が「その空間を使いたいか」「どんなイメージにしたいか」

などによっても左右されます。

私は2003年より建物のカラーコーディネートに携わってまいりました。 関わった不動産は、一般家屋・商業施設・小規模店舗・病院です。

これまでの経験をもとにコーディネートをしておりますが、加えてこれまでの経験にすがることなく各々の物件に相応しいご提案をし、またそのことを講演でも伝えていけるようにしております。

 

 

●講演主催者様のご感想

→→ こちらをご覧ください ←←

 

 

●講演実績
※一部抜粋

 オーデリック株式会社、中国電力、ミサワホーム近畿株式会社滋賀支店、TKC南近畿海大和ハウス部会、日本ハウズイング株式会社、奈良県住宅安心協議会、愛知県宅建協会 名南支部様、長野県安曇野市商工会、京都商工会議所(生活産業製造部会)、京都府山城商工労働観光室、日産プリンス滋賀、長野県甲府賃貸建物管理会社、鹿児島法人会青年部、某国立大学付属中学校(関西)、ドリームゲート、中国経済研究会、滋賀県東近江市青年会議所、ジャパン・エコール・デ・ アロマ テラピー、滋賀県甲良町青年会議所、大津市就職支援機関、宝塚住宅展示場、クイックウィンズ株式会社、アジア太平洋トレードセンター株式会社公共グループ・公共チーム「商い繁盛館」
※その他非公開企業等多数。